長与町でT様の和室の壁をけいそう土に塗り替えるリフォーム

長崎で珪藻土塗り壁の施工はお任せ下さい!
こんにちは。長崎左官リフォーム職人の松下です。

本日は長与町において「和室のざらざらとした砂壁を珪藻土塗り壁に変えるリフォーム」をご紹介させて頂きます。

和室壁のリフォーム前

和室壁のリフォーム前

こちらが施工前の状況となります。

今回のお施主様からのご相談内容としましては、
・壁の表面がザラザラと床に落ちるのが気になる
・服がこすっただけで、床がザラザラになる
・黄色い感じの色合いから、明るい和室に変えたい

以上のご相談内容を頂きました。

一番お困りのお悩みとしましては砂壁の性質上、壁表面を手で触っただけで砂状の粒がザラザラと落ちるというところが一番悩まれておりました。

今回のお悩みを解決する手段としましては
・壁にベニヤ板を張り、ビニールクロスで仕上げる
・現在の砂壁を剥ぎ取り、珪藻土やしっくい等の塗り壁で仕上げる
・水性塗料等のペンキで仕上げる

主に解消するための施工方法としましては以上の3点になります。

その中でお施主様とお話させて頂きまして、和室としての風合いを出しながら更に明るい和室にしたいとのご要望を頂きましたので、今回の和室壁のリフォームは珪藻土を使用した塗り壁リフォームを施工させて頂きます。

珪藻土には調湿効果があり、年間を通して快適な湿度を保ってくれる除湿器や加湿器などが不要になる、とても優れた塗り壁材となります。

また色も約70色ほどあるため、色分けするなどお好みで唯一無二の空間を作り出すことが可能です。

施工中

砂壁の剥離作業

施工に入らせて頂きました。

初めに現状の砂壁を剥ぎ取る作業から施工させて頂きます。

砂壁は水気に弱く、上から珪藻土塗り壁の施工は出来ないため剥ぎ取る作業が必要となります。

剥ぎ取りにはゼラチン状の専用の剥離剤を塗り、ヘラ等でそぎ落としていきます。

砂壁の剥ぎ取り後

砂壁の剥ぎ取りが完了しまして、しっかりと乾燥させます。

下塗り施工中

しっかりと乾燥した壁に、壁からのアクを止めるための専用の下塗り材を塗っていきます。

下塗り材にはアクやシミ止め、珪藻土自体の接着を強くする効果があるためとても重要な作業となります。

下塗り作業の施工後

下塗り材の施工が完了しました。

下塗り材をしっかりと乾燥させます。

珪藻土塗り施工中

下塗り材の乾燥を確認しまして、仕上げの珪藻土塗りに入っていきます。

コテを使い、左官職人の手技で独特の風合いを醸し出しながら仕上げられていきます。

今回は自然な風合いを演出するために、1回の一発仕上げで塗り上げるため緊張感が漂う瞬間ですね。

和室壁のリフォーム施工後

珪藻土塗り壁の施工後

珪藻土塗り壁の完成後

長与町戸建ての和室壁の塗り壁リフォームが完了しました。

今回の珪藻土はアイボリー色の珪藻土をお選び頂きまして、これから約1週間ほど掛けながらしっかりと乾燥していき、更に白さが出てきます。

珪藻土は四国化成のけいそうリフォームを使用させて頂きました。

お施主様にもお喜びを頂きまして、大変嬉しく思います。

長崎左官リフォーム職人の工事 施工事例一覧

お問い合わせ ※ご相談やお見積りで料金が発生する事はもちろんございません。また、しつこいお電話・強引な営業は一切行っておりませんので安心してお問い合わせください。

お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【オンライン相談サービスを始めました】
ご自宅から相談OK!オンライン相談サービスをはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になっていることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ